沖縄でAGA,円形脱毛,発毛,薄毛治療は那覇の当院

お知らせ

筋トレをしすぎると薄毛になるって本当?

皆様、こんにちは!
那覇市おもろまち、沖縄頭髪クリニックカウンセラーの宮城です。
シルバーウィークも終わり、今日からまた、お仕事!の方も多いのではないでしょうか、
はりきって頑張りましょう!

さて、本日は、沖縄頭髪クリニックに来院される男性の方によく聞かれる質問
「筋肉をつけようと思って筋トレを始めたところ、髪が薄くなってきたんです・・・」
にお答えします!

筋力トレーニングの原理は、簡単に言ってしまうと、「筋肉にわざと負荷をかけて傷をつけて、
より強い筋肉へと修復させる」という行為の繰り返しになります。体の仕組みとして
骨や筋肉は傷がつくというより強靭になるよう修復しようとします。
この修復の際に生産されるのが「テストステロン」というホルモンになります。
このテストステロンは男性ホルモンの一種で、男性の場合は精巣、女性の場合は少量ですが、
卵巣で主につくられる、骨や筋肉・毛髪などを強くするホルモンです。
体にとって、有用に働くテストステロンですが、5aリダクターゼという酵素の働きによって
「デヒドロテストステロン(DHT)」という活性化のホルモンに変化すると、
なんと毛髪の成長を抑えてしまうのです。つまりはハゲてしまうのです。

筋トレをする→「テストステロン」というホルモンが分泌される→DHTという
活性化のホルモンに変化→薄毛のリスクが高まる

という事です。
しかし、スポーツ選手など激しい筋力トレーニングをしている人が全員薄毛ではないですよね?
実はこのDHT、毛髪の成長を抑える脱毛効果を発揮するためにはスイッチを押す必要があるのです。
このスイッチを押すのが、毛髪の根本の細胞の表面にある、アンドロゲンレセプター(AR)という
受け皿のようなもので、DHTとARが結びつくことで脱毛してしまいます。
人間には、このARの働きが敏感な人と、鈍感な人がいます。敏感な人は少しのDHTにも
強く反応してしまい薄毛を進行しやすいですが、鈍感な人は多少DHTがあっても薄毛になりません。
この違いが、筋トレを激しくやったら薄毛になる人(つまりはAGAの疑いのある方)と、
いくらやっても薄毛にならない人の違いといえます。
自分は、筋トレやってもいいのかな、そんな不安のある方は、沖縄頭髪クリニックまで、お気軽にお問い合わせ下さい!

また、激しい筋トレをする場合は、いくらAGAリスクが低いといっても気をつけなくてはならない事があります。
それは、栄養補給です。筋トレをすると筋肉修復の為に、通常よりもタンパク質やミネラル、ビタミンなどが
必要になってきます。毛髪を正常に維持するのにもタンパク質・亜鉛・ミネラル、ビタミンが
必要ですので適切に補充しないと毛髪を成長させる分の栄養素が足りなくなってしまいます。
それは、薄毛の原因になります。

また、AGAのリスクが高い方で、筋トレをしたい場合は、少しでも薄毛のリスクを減らすため、
喫煙・不摂生な生活を改めたり、トレーニング終了後は、頭皮の皮脂をきちんと洗い流すなどの
ケアも気をつけたいですね。

筋トレしたいのに、薄毛は嫌・・・、そんなお悩みは、是非一度那覇市おもろまちの沖縄頭髪クリニックへ
ご相談下さい!悩む事が、薄毛を進行させてしまう可能性があります、些細なお悩みもお問合せ下さい!

薄毛・抜け毛・AGA・FAGA・円形脱毛など、頭皮のお悩み、なんでもご相談ください!

スタッフ一同お待ちしております。